BLOG

  • 空き家の対応について

    2020.02.23

    こんばんは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 今日は朝から近所の空き家の対応をしました。以前からどうにかして欲しいという要望があり、秋田市とも何度か協議してきたのですが、今回は昨夜の強風により外壁のパネルが飛んでしまいました。 もうすでに秋田県内いたるところに空き家がありますが、行政の対応には限界があります。 今回は通学路にある空き家で外壁が剥がれ落ちてしまいましたが、それでも木で抑えるのが限界です。 釘や細かい木も落ちてきているので所有者には早く対応してもらいたいです。 行政や私たち政治家も空き家の利活用だけではなく、より具体的な対策を考えていかなければいけない事を実感しました。

    (さらに…)

  • 明日から一般質問です。

    2020.02.19

    おはようございます。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 秋田県議会は明日から代表質問と一般質問がスタートします。 イージス・アショアの対応については多くの方が取り上げますが、個人的には私が所属している福祉環境委員会でも何度か取り上げた、子どもの貧困対策、ひとり親家庭の支援、社会的養護の推進、里親支援、多胎児家庭の支援など、子ども子育て施策に関する事を多くの方が取り上げてくれる事がとても嬉しく思います。 まだまだ日本全国で課題はありますが、全員が一体となってこれらの課題を解決するために前に進んでいきたいです。 お時間のある方は是非傍聴にいらしてください。

    (さらに…)

  • 新型コロナウィルスの対応について

    2020.02.18

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 昨年末から中国の武漢市で発生した新型コロナウィルスの猛威が世界中を襲っています。WHOの当初の発表や、中国共産党が発表していた情報から日に日に状況も変わり、また、アメリカで死者が1万4000人以上も出てしまったインフルエンザもコロナウィルスの影響が無かったかどうかを再検査するという報道もあります。 新型コロナウィルスの発生原因は未だに解明されていませんし、世界中でどれくらいの人が感染しているのかもまだ把握できていないというのが現状ではないでしょうか。仮に、アメリカでのインフルエンザが新型コロナの影響もあったとなれば、中国だけではなくアメリカも出入国...

    (さらに…)

  • 社会的擁護を必要とする児童へのケアについて

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。久しぶりの更新となりました。ご容赦ください。 過去分については、視察内容など振り返り記事として更新しようと思います。 本日から約140日間の議会がスタートしました。今定例会の前半(2月議会)は次年度の予算を審議する年間を通して体力も気力も消耗する議会です。(県議会議員としては初めての2月議会ですが、市議会議員の時は2月議会が一番大変でした。。。) 上手くバランスを取らないと結構攻撃的になってしまうので、そろそろ議会とプライベートのバランスも考えたいと思います。 本日は知事説明があり次年度の予算に関しての方針が示されたのですが、個人的に一番嬉しかったの...

    (さらに…)

  • 県政報告紙を発行します。

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 2020年が始まり7日が過ぎました。今年の年末年始は、昨年祖母が亡くなったため私的な新春行事は自粛をして過ごしていました。例年よりも少しだけゆっくりできましたが、お茶会など初めて参加させてもらった行事もあり新鮮な気持ちの新年であります。 今年は、子年で私も36歳の年男となります。有権者の皆様かrたチュー目される一年にしていきます。 さて、県議会議員になってから2回目の県政報告紙を発行します。秋田市北部を中心に今週来週のマリマリと一緒に配布されますのでご覧いただけると幸いです。 今回も前号同様に文字を多用しています。少しでも読みやすいような構成にと心...

    (さらに…)

  • 2020年、子年の目標。

    2020.01.01

    あけましておめでとうございます。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 2020年は子年です。私は今年36歳になるので年男です。もう三周もしたのかと、あと二周で60歳、還暦を迎えるのかとの思いでおります。 一昔前までは平均寿命も60歳代でしたので、残りの24年間で何が出来るのかを考えながら日々を過ごさなければいけないなと思いながら年末を過ごしていました。 30歳の時に政治の世界に飛び込み、31歳で秋田市議会議員に最年少で当選をさせていただきました。そして昨年の統一地方選では皆様の後押しもあり県議会議員に当選をさせていただきました。30歳の経験も何もない人間を議会に送り届けてくださりありがたい気持ちと...

    (さらに…)