BLOG

  • ラッパー・羅漢

    2019.11.06

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 先日、秋田県に在住しているラッパー・羅漢の初のワンマンライブに参戦してきました。 彼とは約3年前(うろ覚え)に出会いました。メッセージがきて 羅漢「会いましょう!出前お願いします。」 私「オッケー。いつにします?」 羅漢「今日、秋田市にいます。今日は?」 私「8時過ぎでもよければ行けます!」 羅漢「オッケー!じゃー居酒屋で!」 私「おけ!」 という感じのやり取りから始まった記憶があります。 仕事を終え指定の場所に行くと、ノンアルコールの羅漢。飲まないの?と聞くと「俺、飲めないんすよ。笑」 基本的に私もお酒は苦手なのでノンアルだったのですが、じゃー居...

    (さらに…)

  • 決算委員会総括審査の機会をいただきました。

    2019.11.05

    こんにちは。 秋田県議会議員の宇佐見康人です。10月17日から始まった決算審査も終盤を迎え、総括審査の機会をいただきました。総括審査は、県の事業に対して主に知事の考えを問う一問一答形式で行われるものですが、国会の予算委員会なんかをイメージしてもらえれば分かりやすいかもしれません。 私からは、秋田県の子育て環境の整備と人口減少対策についてををテーマに、保育士の確保、秋田県の子育て事業の周知などを問いました。 秋田県では国の保育料無償化事業に先立って条件付きではありますが、健やか子育て事業として保育料の無償化をスタートさせていました。また、秋田市ではもこれも条件付きですが、第二子無償化、第一子無償...

    (さらに…)

  • 決算審査が終了しました。

    2019.10.28

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 10月17日から行われていた決算委員会の関係部局への審査が終了しました。残すは11月5日に行われる総括審査のみです。 秋田市議会の時とは違い、県議会の決算審査は特別委員会を組織し11人で全ての部局の決算状況を審査します。(秋田市の場合は各委員会が所管の審査をします。) 全ての事業を見ることができるのでとても勉強になります。 決算審査は基本的に前年度の予算執行が適正に行われたかを審査するわけですが、予算の審査とは違い「決算の認定の可否を判断するために必要な質問かどうか」という視点が非常に重要なことだと思っていますし、市議会議員時代にもそのような視点で...

    (さらに…)

  • 9月から

    長い間ご無沙汰しておりました。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 9月議会中からブログの更新が滞っておりました。11月からは心機一転しっかりと情報発信に努めてまいります。 9月から振り返りますと、Googleへの視察、初めての総括審査、福祉環境委員会での静岡県がんセンターや三重県の鳥獣害対策事業の視察などをしてました。 総括審査は知事や関係部局長へ一問一答方式でやりとりをするのですが、今回はイージス・アショアの配備についてと防災減災対策について聞きました。 まずは、防災減災についてですが、想定以上の台風や大雨が全国を襲っていますが、いつ秋田県を襲うかわかりませんし、実際に昨年、一昨年と河川の氾濫...

    (さらに…)

  • 初めての総括審査

    2019.10.03

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 初めての総括審査に登壇させていただきました。質問項目は ・イージス・アショアの配備について ・防災減災対策について です。 秋田県当局という巨大組織に一人で竹槍で向かう気持ちでいっぱいでした。。。実際にあの席に座るといつも以上の緊張感と高揚感が湧いてきて、表現的に正しいかどうか分かりませんがやっていて楽しかったです。 結果としては、イージスのことについては満足するようなやり取りはできませんでしたが次につなげていければと思います。 防災減災については、先の千葉県での台風被害を受けて電力会社とも協議をして行くという答弁ももらうことができたので今後の流れ...

    (さらに…)

  • イージス・アショアの新屋演習場の配備について思うこと

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 今日から県議会の一般質問が始まりました。初日の今日は自民党の先輩2名を含む4名が登壇をし、イージス・アショアについても取り上げられていました。 知事の答弁の中に、有事の際に住民を巻き込む可能性がある場所への配備は避けるべき旨がありました。多くの方がそう思っていますし、ミサイル防衛施設と住宅地との距離というのは候補地の選定基準の上位であるべきだと私も思います。 先日の敬老会でもイージスのことを何名かに聞かれましたが、新屋は除外されていないものの全ての候補地をゼロベースで再調査を行なっていることを考えれば、もう少し可否の判断は慎重にしてもいいのではない...

    (さらに…)