BLOG

  • 新型コロナワクチンQ&A

    秋田県議会議員の宇佐見康人です。 秋田市でも新型コロナウイルス感染症のワクチン摂取がスタートしました。まずは、医療従事者や高齢者への摂取からですが、順次対象者も拡大されます。 菅総理大臣も、1日も早く全ての国民の皆様に安全で有効なワクチンを届ける旨発言されています。私たち自民党は県民の皆様の安心のために的確な情報を迅速に届けることも一つの責務です。 党として素朴な疑問をまとめたものが発行されましたので、それをお届けします。 新型コロナワクチンQ&A

    (さらに…)

  • 飲食店緊急支援事業などについて

    秋田県議会議員の宇佐見康人です。 今日は知事選後初の県議会が開催され、補選で初当選をした島田薫さんと瓜生望さんも議会に参加しました。 初日から長丁場の議会日程で大変だったかと思いますが、同じ会派の仲間としてそして同期として協力しながら県勢発展のために頑張っていきたいです。 さて、今日の議会では新たに以下の予算が追加提案されました。どの事業も新型コロナウイルス感染症対策にかかる経費です。 ・子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)給付事業 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親世帯の生活を支援するため、特別給付金(児童一人当たり5万円)を支給するものです。県の...

    (さらに…)

  • 秋田県知事選挙、秋田市長選挙、県議補選、市議補選について

    2021.04.05

    知事選、市長選、県議補選、市議補選が終了しました。期間中大変ご迷惑をおかけしました。また、ご尽力いただいた皆様には心より感謝申し上げます。 そして、ご当選されました方へ心より敬意を表します。   応援させてもらった、佐竹知事、穂積市長は四選を果たしましたし、県議補選では秋田市選挙区の島田薫さん、潟上選挙区の瓜生望さんが初当選をすることができました。 共に、県勢発展、市勢発展のために切磋琢磨していけたら幸いです。 一方、市議補選に挑戦した28才の飯牟禮さんは残念な結果となってしまいました。 私も30才で選挙に挑戦をし、周りからは無理、無謀、止めとけと言われましたし、県議選に挑戦した時も色々なこと...

    (さらに…)

  • 拉致被害者救出に向けて

    2021.02.13

    佐竹知事に対し救う会からの要望提出に同席をさせて頂きました。12月の一般質問でも取り上げましたが、一日も早い救出のために県、教育委員会共に力強く動いてくれることを再確認できました。拉致被害者救出議連の会長は北林丈正先生です。 映画「めぐみへの誓い」が2月19日全国20ヶ所で公開されます。秋田はアルヴェです。前売りチケットも発売されてます。一人でも多くの方に見て頂きたいです。

    (さらに…)

  • 【差別と区別】【平等と公平】

    2021.02.07

    森元首相の発言が女性蔑視では無いかとメディアを中心に盛り上がっています。全体を読んでも、私の感覚とは違いますし、擁護できるものではなく悲しい気持ちになってしまいますが、かと言って森さん個人を徹底的に攻撃する事が、本来の問題の解決に繋がるかといえば、そうは思いません。 男女平等も女性活躍も男性育休もLGBTも環境問題も根っこは一緒だと思います。本当に解決に向け前に進めるとしたら、これまで「当たり前」としてきた人たちにどう理解してもらうかがとても重要なこと。お前の考えを変えろ!と言うのは簡単だけど、どうやって考えを変えてもらうかが大切な事であって、考えが合わない人を非難し攻撃するのは、問題の解決を...

    (さらに…)

  • SDGsの普及に向けて

    2021.02.01

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 今日から2月定例会がスタートしました。今年は知事選があるので来年度予算は骨格予算ですが、今議会中に国の三次補正予算が盛り込まれた各種コロナ対策の予算が計上される予定です。 また、今日は知事説明が行われ所信を述べられましたが、その中でSDGsについて触れられる機会が多いような印象を受けました。 委員会や一般質問でも過去何度かSDGsの普及に向けて要望していた身からすると嬉しい限りです。 発言内容は以下のとおりです。 SDGs共通理念にあるとおり、県政は県民誰一人取り残さないという視点に立つべきであります。 当面窮地にある業種分野への支援に努めるととも...

    (さらに…)