BLOG

  • 【暴風雪被害による住宅リフォーム推進事業について】

    2021.01.20

    【暴風雪被害による住宅リフォーム推進事業について】 https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/47708 先週の豪雪、暴風による停電で広範囲に渡り給湯器やボイラーの被害が発生しましたが、自然災害により被災した住宅の復旧工事への支援(持ち家)として補助対象工事費(30万円以上)の10% 最大8万円が補助されます。 以下の要件によりますが、【停電による給湯器等の被害も該当となりますが、修理前の被害写真も忘れず撮影をお願いします。】 ・自然災害に伴う復旧工事であるもの。 ・市町村長等が発行する被災を証する書面が発行されるもの。 ・令和3年3月18日までに完...

    (さらに…)

  • 秋田市立病院のクラスターについて

    秋田市立病院でクラスターが発生しました。 感染された方の早期回復と、感染拡大しないことを祈るのみです。 COVID-19に限らず様々な病気などで、日々私たちの健康の為に尽力してくださっている医療従事者の皆さまに改めて感謝いたします。 不確かな情報による憶測や、関係機関などへの誹謗中傷はやめましょう。 国内初感染が確認されてから一年が過ぎます。 感染症との戦いは続きますが、以前よりも分かったことも多くあります。 正しく怖がるためには、信頼できる情報源は何かを見極めるリテラシーをもち、SNS上などの「噂」に振り回されることなく、落ち着いて適切な行動をとることが何よりも重要です。 ※追記1(修正)...

    (さらに…)

  • 秋田市の豪雪、暴風について

    2021.01.09

    一昨日の暴風、昨夜から今日にかけての大雪。 大雪に警戒とは言え、想像以上でした。 秋田市北部地区は午前8時現在で除雪車は走っていません。 私は昨夜から妻の実家(秋田市内)に来ているのですが、どこの道路も機能していないですので、一旦全ての人に出勤を諦めてもらって、除雪を優先しなければ全てが回らなくなると思います。 綺麗事かもしれませんがご協力をよろしくお願いします。 ライフラインの確保のためにも車はなるべく使わずに移動を呼びかけるしかないのかなと。 私からも関係各所へ早急な対応を引き続きお願いしていきます。 何かありましたらお気軽に連絡をしてください。 018-846-3737 ※携帯に転送され...

    (さらに…)

  • 2021年

    2021.01.04

    三ヶ日が過ぎましたが、改めましてあけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。 今年は例年とは違い、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により年末年始の挨拶回りも控えさせていただき、今回はひたすら様々なジャンルの本を読み、家族と過ごすという「静かな年末年始」となりました。このような年末年始を過ごせたのは久しぶりでしたし、政治家としても今までの価値観にとらわれるのではなく、新しいやり方、新しいメッセージの発し方を考えていかなければいけないのかなと考えさせられました。 私のような若い政治家は、このような危機的状況をチャンスと捉えて、一人でも多くの方が希望を持てる施策...

    (さらに…)

  • 2020年

    2020.12.31

    2020年も大変お世話になりました。今年は2月初めからの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、思った活動が出来なかった一年でした。しかし、この数十年、数百年に一度と言われている危機的状況の中、政治家として様々な対応を経験させてもらっていることは自分自身の財産になっていると思っています。 様々な推計や、2021年を予測する書籍などでは、とても悲観的なものが多いですが、この危機をチャンスと捉えていける風土を作っていくことが、私のような若手政治家の役目かと思っています。今までの価値観が変わり、生き方も変えていかなければいけません。過去の延長線上にある未来ではなく、新しい価値観の上...

    (さらに…)

  • 不安解消のためのリスクコミュニケーション

    秋田県議会議員の宇佐見康人です。 2020年も残すところ4日となりました。この一年は、新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の影響により思うように活動できなかった方がほとんどだと思います。 昨年の12月にはCOVIDー19の脅威が台湾から報告され、私自身も1月初旬に警戒感を持ちはじめ、感染症やリスクベネフィット、トレードオフの関係性などを本格的に勉強することができました。今年は2月の福祉環境委員会からことあるごとにリスクコミュニケーションについて県当局に要望などをしてきました。 このような状況下では、如何に正しく怖がることが出来るかが重要であり、不確かな情報に踊らされたり、憶測を拡散させ...

    (さらに…)