BLOG

  • 優先すべきは「地元の理解とは何なのか」

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 今日から県議会定例会がスタートしました。今定例会は前年度の決算審査もあるので12月末までの長丁場の議会となりますが、秋田県の課題が少しでも前に進むように取り組んでいきます。 秋田県の課題といえばイージス・アショアの配備が一番最初に出てきます。個人的には人口減少対策が一番の問題であるとは思いますが。 今日の知事説明でもイージス・アショアの配備について以下のような説明がありました。 次に、イージス・アショアについて申し上げます。 五月に防衛省から敵地調査の結果等についての説明がありましたが、説明資料にデータの誤りがあったことから、六月に来県した岩屋防衛...

    (さらに…)

  • 執行部の出席は必要なのか?

    2019.06.27

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 県議会の定例会が終了しました。今議会では一般質問にも登壇させてもらい貴重な経験ができました。秋田市議会とは少し違い一年に何回か登壇できる可能性があるので、今後もチャンスがあれば一般質問に臨みたいと思います。 さて、先日、千葉市長の熊谷さんがこんなツイートをしていました。 https://twitter.com/kumagai_chiba/status/1143415702218399745?s=21 熊谷市長側からの提案により、一部当局幹部が出席をしなくても良くなったとのことです。 https://twitter.com/yasuhi10/stat...

    (さらに…)

  • 総括審査でイージス・アショアの配備が取り上げられました。

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 今日から総括審査がスタートしました。初日の今日は自民党からは、竹下博英先生、鈴木健太先生が質問に立たれました。明日は、北林丈正先生、佐藤信喜先生、佐々木雄太先生、住谷達先生が質問に立ちます。ネットでも動画配信していますので、お時間のある方は是非ご覧ください。 今日の総括でもイージス・アショアについて多くの議員が取り上げていましたが、鈴木健太さんと、沼谷純さんの視点はとても勉強になりました。 また、国防に対する認識が違う中(そもそもイージス・アショアの配備は不要で他の防衛力強化で対応すべきと考える人、イージス・アショアは必要だが新屋への配備は住宅地に...

    (さらに…)

  • 一般質問を終えました。

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 6月12日に県議会議員として初めて一般質問に登壇させていただきました。 秋田市議会議員の時とは全く勝手が違い戸惑うところもありましたが、さほど緊張もせずにでき良かったです。 ただ、映像を見てみると自分の声が通らないということが分かったので次回以降ハキハキと言えるように発声の練習をせねばなりませんね。 一般質問の様子は秋田県議会のウェブからご覧いただけますので、お時間のある方はご覧ください。 https://smart.discussvision.net/smart/tenant/pref_akita/WebView/rd/speech.html?c...

    (さらに…)

  • 6月議会一般質問〜「多子化」の推進について〜

    2019.06.14

    次に、「多子化」の推進について、知事にお伺いします。 少子化が始まり人口が減っていく可能性があると指摘されてから四〇年近くの月日が流れました。私が生まれる前の指摘にもかかわらず、未だに解決の道筋をつけることはできていません。 本県は、人口減少、少子高齢化の先頭を走っています。県も様々な分野で少子化対策をしていますが、その効果が目に見えて現れているわけでもありませんし、全国を見渡しても、そのような施策は、どの自治体も打ち出 せていないと思います。 私には兄と姉がいますが、私自身子育てをする中で感じるのは、両親はよく三人も育ててくれたな、という感謝の気持ちです。祖父母は、現代よりも恵まれない生活環...

    (さらに…)

  • 6月議会一般質問〜文化財の保護について〜

    2019.06.14

    次に、文化財の保護に関し、教育長にお伺いします。 始めに、重要無形民俗文化財の継承を担う人材の育成と体制強化についてです。ご存じのとおり、本県は、国指定重要無形 民俗文化財の数が日本一多い県です。私の地元土崎が誇る土崎神明社祭の曳山行事は、平成九年に国の重要無形民俗文化財に指定され、更に一昨年には、角館祭りのやま行事、花輪祭の屋台行事と揃って、ユネスコ無形文化遺産にも登録されました。本県の文化財は、観光資源としても注目を集めており、観光PRの素材としても多くの文化財が活用されています。しかし、近年、どのお祭りも、後継者の育成や参加者の確保が難しくなってきていると聞いています。私の実感としても、...

    (さらに…)