BLOG

  • 空き家の対応について

    2020.02.23

    こんばんは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 今日は朝から近所の空き家の対応をしました。以前からどうにかして欲しいという要望があり、秋田市とも何度か協議してきたのですが、今回は昨夜の強風により外壁のパネルが飛んでしまいました。 もうすでに秋田県内いたるところに空き家がありますが、行政の対応には限界があります。 今回は通学路にある空き家で外壁が剥がれ落ちてしまいましたが、それでも木で抑えるのが限界です。 釘や細かい木も落ちてきているので所有者には早く対応してもらいたいです。 行政や私たち政治家も空き家の利活用だけではなく、より具体的な対策を考えていかなければいけない事を実感しました。

    (さらに…)

  • 新型コロナウィルスの対応について

    2020.02.18

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 昨年末から中国の武漢市で発生した新型コロナウィルスの猛威が世界中を襲っています。WHOの当初の発表や、中国共産党が発表していた情報から日に日に状況も変わり、また、アメリカで死者が1万4000人以上も出てしまったインフルエンザもコロナウィルスの影響が無かったかどうかを再検査するという報道もあります。 新型コロナウィルスの発生原因は未だに解明されていませんし、世界中でどれくらいの人が感染しているのかもまだ把握できていないというのが現状ではないでしょうか。仮に、アメリカでのインフルエンザが新型コロナの影響もあったとなれば、中国だけではなくアメリカも出入国...

    (さらに…)

  • 実は超優秀!!秋田県の災害時のネット等へのアクセス状況について

    2019.11.19

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 先日の台風やその他大雨が発生した際に一部の地域の方から「秋田県のホームページから災害状況を確認しようとしても、重くなってアクセスしづらくなってしまう。」という声を頂いたので、総合防災課に確認をしたところ、実は秋田県の災害時のウェブ機能は超優秀であるということが確認できましたので、是非皆さんにも知って欲しいので報告させていただきます。 全国の自治体で近年問題になっているのが、災害発生時に自治体のホームページにアクセスが集中してしまいサーバーが重くなってしまう問題です。最近はその対策としてアクセスの集中が予想される時にはテキストページに切り替える自治体...

    (さらに…)

  • 9月から

    長い間ご無沙汰しておりました。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 9月議会中からブログの更新が滞っておりました。11月からは心機一転しっかりと情報発信に努めてまいります。 9月から振り返りますと、Googleへの視察、初めての総括審査、福祉環境委員会での静岡県がんセンターや三重県の鳥獣害対策事業の視察などをしてました。 総括審査は知事や関係部局長へ一問一答方式でやりとりをするのですが、今回はイージス・アショアの配備についてと防災減災対策について聞きました。 まずは、防災減災についてですが、想定以上の台風や大雨が全国を襲っていますが、いつ秋田県を襲うかわかりませんし、実際に昨年、一昨年と河川の氾濫...

    (さらに…)

  • 5月18日の豪雨による被害の問い合わせ一覧

    2018.05.21

    おはようございます。秋田市議会議員の宇佐見康人です。 5月18日に降り続いた雨で秋田県、秋田市内に甚大な被害が出ました。被害に遭われた方へ心よりお見舞い申し上げます。 今回の豪雨での川の氾濫などにより床上、床下浸水、農業被害などありましたが、幸い人的被害はゼロだったのは不幸中の幸いかと思います。秋田市の川の構造を見るとやはり南部地区、東部地区、北部の一部地域は雨に弱いことが改めて分かった結果となってしまいました。 そんな中でも地域住民の方の日頃よりの防災減災意識の向上により人的被害がゼロだったというのは高く評価されるべきでしょうし、一政治家として皆様に心より感謝申し上げます。 今後は秋田市、秋...

    (さらに…)

  • 防災・減災対策について思うこと。

    2017.11.01

    こんにちは。秋田市議会議員の宇佐見康人です。 今日11月1日は秋田市総合防災訓練が行われました。消防関係だけではなく、自衛隊、警察はじめ様々な機関と連携をし万が一の時に備えての総合的な訓練です。 また、11月5日には津波防災の日として全国各地で津波防災関係の訓練も行われます。 昨年も感じましたが、大きな災害が起きた時自分の命を守ってくれるのは自分しかいません。自分の命を守れ無い人が大切な人の命を救うことは出来ません。 私たち東北の人たちはあの地震があり、当事者意識を持ちしっかりと防災減災を行政任せにせず自ら自発的に行っていかなければいけないですが、地元の各町内会やブロックの方達に話を聞くとまだ...

    (さらに…)