BLOG

  • 新型コロナウィルスの対応について

    2020.02.18

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 昨年末から中国の武漢市で発生した新型コロナウィルスの猛威が世界中を襲っています。WHOの当初の発表や、中国共産党が発表していた情報から日に日に状況も変わり、また、アメリカで死者が1万4000人以上も出てしまったインフルエンザもコロナウィルスの影響が無かったかどうかを再検査するという報道もあります。 新型コロナウィルスの発生原因は未だに解明されていませんし、世界中でどれくらいの人が感染しているのかもまだ把握できていないというのが現状ではないでしょうか。仮に、アメリカでのインフルエンザが新型コロナの影響もあったとなれば、中国だけではなくアメリカも出入国...

    (さらに…)

  • 2020年、子年の目標。

    2020.01.01

    あけましておめでとうございます。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 2020年は子年です。私は今年36歳になるので年男です。もう三周もしたのかと、あと二周で60歳、還暦を迎えるのかとの思いでおります。 一昔前までは平均寿命も60歳代でしたので、残りの24年間で何が出来るのかを考えながら日々を過ごさなければいけないなと思いながら年末を過ごしていました。 30歳の時に政治の世界に飛び込み、31歳で秋田市議会議員に最年少で当選をさせていただきました。そして昨年の統一地方選では皆様の後押しもあり県議会議員に当選をさせていただきました。30歳の経験も何もない人間を議会に送り届けてくださりありがたい気持ちと...

    (さらに…)

  • 2020年もどうぞよろしくお願いします。

    2019.12.31

    こんばんは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 夜から急に雪も降り始め、あと数時間で新年を迎えます。ここ数年では久しぶりの雪のある新年で正月らしいなと感じています。 今年の県議会議員選挙で応援してくださった皆様、そして日頃ご指導してくださる皆様、大変お世話になりました。来る年も全力で頑張っていきます。 初当選をし、全ての議会で質問や総括審査の機会を頂戴し、新人議員として多くの経験をさせていただきました。また、今まで見えなかったところや感じることができなかったことも多く、日々成長をさせてもらっているなと実感しています。 来年は、関わってくれる方全てに「宇佐見康人が成長している」と実感してもらえるよ...

    (さらに…)

  • 自民党秋田青年局からイージス・アショアについての意見を表明しました。

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 昨日で議会も閉会し、年末年始の準備に突入です。政治家には特に年末年始というのはありませんが、可能な限り挨拶回りや各種行事に参加しようと思います。今年も年末のギリギリまで忘年会がありますし、新年も元旦から各種行事が行われます。来年は私自身も年男(子年)ですので、チューと半端なことはせずに頑張ろうと思います。 さて、昨日夜と今朝の報道でもあったように、自民党秋田県青年局からイージス・アショアの配備について意見書を出しました。 内容は以下の通りです。 現下の情勢において、イージス・アショアの配備はやむを得ないと考える。 また国策や安全保障の観点から、原子...

    (さらに…)

  • 害獣駆除は人間の傲慢なのか?

    2019.12.12

    こんばんは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 有名タレントがイノシシを駆除せずに共存できる道を探すべき!というツイッターでの投稿が盛り上がっているそうです。個人的には気持ちは分からなくはないのですが、地方で問題化している中ではもう少し現状を知って欲しいというのが正直なところです。 秋田県でも熊やイノシシが出没し、農地を荒らす事例が増えてきています。農地にとどまらず、最近では人里に出没をし人間に危害を加え始めています。 漫画やアニメのような可愛らしい熊やイノシシであれば問題なく共存できるのでしょうが、相手は野生であり日本語も通じません。また、一昔前であれば山で育った動物が餌を求め人里に来ていまし...

    (さらに…)

  • 環境問題を考える。生活環境部にて

    こんばんは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 今日は、福祉環境委員会の生活環境部についての審査を行いました。第2期あきた未来総合戦略に反映される生活環境部関係のものは、 ・動物に優しい秋田県 ・若者や高齢者を重点とした消費者教育 ・地域力向上による除排雪体制の確立 ・循環型社会の形成 ・良質な生活環境の保全 ・水道施設の強靭化の促進 ですが、私が拘ったのは「循環型社会の形成」についてです。 同戦略では、【使い捨てプラスチックの使用制限等の推進】と【食品ロスの削減】を目標として掲げています。どちらも20年後30年後の環境のことを考えれば 秋田県の海岸に漂着するゴミの9割は国内のもの。 秋田県だけ...

    (さらに…)