BLOG

  • 一般質問3日目 児童虐待防止について

    こんにちは。秋田市議会議員の宇佐見康人です。 今日は11月定例会の一般質問3日目が行われました。今日は秋水会の熊谷重隆さん、岩谷政良さん、小木田喜美雄さんが登壇しました。 熊谷重隆さんの質問では児童虐待防止の観点からいくつか質問をしていました。今日も昨日に引き続き児童虐待に関することを。 児童虐待は年々増加傾向にありますが、一部からは「昔もあったが今は社会の目が厳しくなっただけ」といった声もあります。実際に増えてきているのか、把握できるようになったのかは分かりませんが、そんなのは関係ありません。現実問題として命の危険にさらされたり、精神的に追い込まれる子どもたちがいます。そのような子一人一人を...

    (さらに…)

  • 11月定例会一般質問2日目 虐待防止策と特定妊婦の早期発見と支援

    こんばんは。秋田市議会議員の宇佐見康人です。 今日は11月定例会の一般質問2日目が行われ、市民クラブの渡辺良雄さん、公明党の武田正子さん、共産党の鈴木知さんが登壇しました。 武田さんの質問では児童虐待の根絶という視点から特定妊婦さんの支援のあり方や産前産後の支援のあり方が問われていました。 秋田市ではネウボラ事業を開始し妊産婦さんの切れ目のない支援をしており、面談率も60%と徐々に認知率も向上しています。しかし、本来届けなければいけない所にサービスが届けられなかったりなど課題があるのも事実です。また、妊産婦検診の未受診者と乳幼児健康検診の未受診者の未受診の理由の把握や一元化できていないなど別の...

    (さらに…)

  • 一般質問がスタートしました。

    2018.12.07

    こんばんは。秋田市議会議員の宇佐見康人です。 今日から秋田市議会11月定例会の一般質問がスタートしました。初日の今日は、秋水会の安井正浩さん、そうせいの小松建さん、フロンティアの倉田芳浩さんが登壇しました。 全ての方がイージス・アショアに関する事を質問していましたが、防衛省の調査と報告を受けた後、秋田市独自の調査、検証をするとの事ですので、そちらを待ちたいと思います。(従来通り情報発信と私の考えは伝えてまいります。) まだ議員になってから4年目ですが、毎回この一般質問については考えさせられます。何でもかんでも聞けばいいというわけではありませんし、本会議の場で聞くのがふさわしいことなのか、それと...

    (さらに…)

  • 一般質問が終了しました。

    こんにちは。秋田市議会議員の宇佐見康人です。 随分と更新をサボっていました。すみません。 13日からスタートした9月定例会の一般質問が終了しました。初日は、同期で地元も一緒の秋水会の細川信二さん、同じ会派の藤田信さん、先輩の市民クラブの見上まり子さんが登壇し、2日目は公明党の松田豊臣さん、社会・市民連合の工藤新一さん、秋水会の川口雅丈さんが登壇しました。最終日の今日は、同会派の齋藤勝さん、秋水会の菅原琢哉さん、工藤四郎さんが登壇しました。 細川さんの質問では小中学校の統廃合に絡め私の地区の小学校区域の実情を伝えてもらいました。 秋田市では人口減少、少子化にともない小中学校の統廃合や再整備を検討...

    (さらに…)

  • 児童相談所の検討はしていなかったのか・・・

    こんばんは。秋田市議会議員の宇佐見康人です。 本日で市議会の一般質問が終了しました。昨日の一般質問ではイージス・アショアの配備についての質問が相次ぎましたが、若干私の認識と違う発言もありこの後確認が必要です。 また、防衛省から聞いている事と、秋田市当局から聞いている事も食い違う部分があり、今後地元の理解を得ていく過程でしっかりと丁寧な説明をしていくという発言がとても虚しく感じます。 先日の一般質問でも触れましたが、防衛省のあのような説明では住民説明会は意味がないと思います。あれで地元の理解を得られると思わずに、やり方をもう一度見直していただきたいというのが正直な心境です。 さて、昨日の一般質問...

    (さらに…)

  • 一般質問が終了しました。

    こんにちは。秋田市議会議員の宇佐見康人です。 本日は秋田市議会の本会議一般質問が行われ、登壇してきました。 全体的に前向きな答弁をもらうことができたように感じます。イージス・アショアの配備については一部のメディアの方から「何でもっと突っ込まなかったのか?」聞かれましたが、賛成反対を明確にしてもらうことが目的ではなく、どうしたら安全性を担保できるか、どうしたら防衛省から客観性のあるデータを入手できるかが最大の課題であり、それに向けて市と議会で連携して進んでいくべきことだと思っています。 しかし、何をもって「地元の理解を得られたのか」ということに関してはもう少し踏み込んでも良かったのかなと反省して...

    (さらに…)