BLOG

  • 大規模災害は平時の「確認」が重要!!

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 この度の豪雨でお亡くなりになられた方へご冥福をお祈りいたします。また、被害にあわれた方へお見舞い申し上げます。 新型コロナウイルスへの対応と同時に自然災害にあわれ、日常を取り戻すまで苦労は絶えませんが、全国民が心を寄せ1日も早い復興をすることを願っています。 新型コロナウイルスが話題となった時に、SNS上では「この状況で自然災害が起きたらどうしよう」という声を見かけたことがあります。各行政機関では避難所での感染防止策をしているとは言え、平時の避難所運営とは違い他の苦労も多いかと容易に想像がつきます。 秋田県でも、新型コロナウイルス対策も盛り込んだ災...

    (さらに…)

  • ゲーム依存防止条例について思うこと

    2020.05.21

    こんばんは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 新型コロナウィルスの対策真っ只中ですが、個人的に関心の高い大館市の「ゲーム依存防止条例」に関するニュースが飛び込んできましたので書かせていただきます。秋田県内のこととは言え、個別の自治体のことでもあるので難しいところではありますが、大館市から全県に派生しないとも限りませんので、基本的な考え方を。 大館市教育委員会が条例の制定を検討をしている児童生徒のゲーム依存防止条例ですが、条例化を一時凍結する方針であることが分かりました。 詳しくは、秋田魁新報の電子版をご覧ください。 私も香川県の条例制定化を期に3月の総括審査の中でこのゲーム・ネットの依存や規制...

    (さらに…)

  • 甲子園の中止について思うこと。

    2020.05.20

    こんばんは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 甲子園が戦後初の中止となってしまいました。それに併せて代表校を決める地方大会も中止となりました。 元高校球児として複雑な思いがあります。これで、高校スポーツの全種目で全国大会の道が閉ざされてしまいました。 三年生は悔しくて悲しくてやり場のない気持ちでいっぱいだと思います。私が当事者だったらと考えるだけでも辛いです。どうか周りの人たちがフォローして欲しいです。 高校野球に限りませんが、全ての部活で希望する人には代替の試合や、表現の場を、そして大学社会人で続ける子たちがスキルを見せる場を提供できないか模索していこうと思います。 世の中は、色々な制限の...

    (さらに…)

  • 地方に転職したいと考えている人が増えています。

    こんばんは。 秋田県議会議員の宇佐見康人です。 新型コロナウィルス感染症の日本全体の感染者数が減少傾向にあります。5月17日の感染者状況は東京都でも5人で、大阪府では0人となりました。これは、2週間前の皆さんの行動が身を結んだ形となるわけですが、かと言ってすぐに前のような日常が戻ってくるかと言えばそんなことはありません。緩やかに自粛を解除していかなければ、爆発してしまう可能性も十分に残っています。 しかし、経済活動も活発化させていかなければいけないのも事実であり、その対策もしていかなければいけません。 これからは「第二波」の対策が求められますが、これからは感染者が出ない対策ではなく感染者が出て...

    (さらに…)

  • 空き家の対応について

    2020.02.23

    こんばんは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 今日は朝から近所の空き家の対応をしました。以前からどうにかして欲しいという要望があり、秋田市とも何度か協議してきたのですが、今回は昨夜の強風により外壁のパネルが飛んでしまいました。 もうすでに秋田県内いたるところに空き家がありますが、行政の対応には限界があります。 今回は通学路にある空き家で外壁が剥がれ落ちてしまいましたが、それでも木で抑えるのが限界です。 釘や細かい木も落ちてきているので所有者には早く対応してもらいたいです。 行政や私たち政治家も空き家の利活用だけではなく、より具体的な対策を考えていかなければいけない事を実感しました。

    (さらに…)

  • 新型コロナウィルスの対応について

    2020.02.18

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 昨年末から中国の武漢市で発生した新型コロナウィルスの猛威が世界中を襲っています。WHOの当初の発表や、中国共産党が発表していた情報から日に日に状況も変わり、また、アメリカで死者が1万4000人以上も出てしまったインフルエンザもコロナウィルスの影響が無かったかどうかを再検査するという報道もあります。 新型コロナウィルスの発生原因は未だに解明されていませんし、世界中でどれくらいの人が感染しているのかもまだ把握できていないというのが現状ではないでしょうか。仮に、アメリカでのインフルエンザが新型コロナの影響もあったとなれば、中国だけではなくアメリカも出入国...

    (さらに…)