BLOG

  • 一般質問を終えました。

    こんにちは。秋田県議会議員の宇佐見康人です。 6月12日に県議会議員として初めて一般質問に登壇させていただきました。 秋田市議会議員の時とは全く勝手が違い戸惑うところもありましたが、さほど緊張もせずにでき良かったです。 ただ、映像を見てみると自分の声が通らないということが分かったので次回以降ハキハキと言えるように発声の練習をせねばなりませんね。 一般質問の様子は秋田県議会のウェブからご覧いただけますので、お時間のある方はご覧ください。 https://smart.discussvision.net/smart/tenant/pref_akita/WebView/rd/speech.html?c...

    (さらに…)

  • 6月議会一般質問〜「多子化」の推進について〜

    2019.06.14

    次に、「多子化」の推進について、知事にお伺いします。 少子化が始まり人口が減っていく可能性があると指摘されてから四〇年近くの月日が流れました。私が生まれる前の指摘にもかかわらず、未だに解決の道筋をつけることはできていません。 本県は、人口減少、少子高齢化の先頭を走っています。県も様々な分野で少子化対策をしていますが、その効果が目に見えて現れているわけでもありませんし、全国を見渡しても、そのような施策は、どの自治体も打ち出 せていないと思います。 私には兄と姉がいますが、私自身子育てをする中で感じるのは、両親はよく三人も育ててくれたな、という感謝の気持ちです。祖父母は、現代よりも恵まれない生活環...

    (さらに…)

  • 6月議会一般質問〜文化財の保護について〜

    2019.06.14

    次に、文化財の保護に関し、教育長にお伺いします。 始めに、重要無形民俗文化財の継承を担う人材の育成と体制強化についてです。ご存じのとおり、本県は、国指定重要無形 民俗文化財の数が日本一多い県です。私の地元土崎が誇る土崎神明社祭の曳山行事は、平成九年に国の重要無形民俗文化財に指定され、更に一昨年には、角館祭りのやま行事、花輪祭の屋台行事と揃って、ユネスコ無形文化遺産にも登録されました。本県の文化財は、観光資源としても注目を集めており、観光PRの素材としても多くの文化財が活用されています。しかし、近年、どのお祭りも、後継者の育成や参加者の確保が難しくなってきていると聞いています。私の実感としても、...

    (さらに…)

  • 6月議会一般質問〜港湾の振興について〜

    2019.06.14

    次に、港湾の振興について、知事にお伺いします。 近年、秋田港の整備が進められ、コンテナ取扱量やクルーズ船の寄港回数は順調に増加しており、地元土崎の住人として、とても嬉しく思っています。ハードの整備は国と県が積極的に行ってくれていますので、私たち住民は、それを活かし、どうしたら地元の経済の活性化に寄与するのかを考え、地域の振興につなげていかなければいけません。 昨年県が公表した港湾計画の改訂内容は、とても夢があり、計画が実現すれば、土崎の風景はもとより、経済の面でも、真の港町としてもう一度力強さを取り戻してくれるものと期待できるものでした。地元の同年代の仲間と話しても、秋田港整備に関する県の方針...

    (さらに…)

  • 6月議会一般質問〜SDGsの観点を踏まえた施策の推進について〜

    2019.06.14

    始めに、SDGsの観点を踏まえた施策の推進についてお伺いします。SDGs、すなわち「持続可能な開発目標」とは、持続可能な世界を実現するための一七の「ゴール」と一六九の「ターゲット」から構成され、先進国も含めた全ての国が行動することや、誰一人として取り残されない社会の実現を目指すことなどを特徴としており、政府としてもこれを積極的に取り組んでいくこととしております。 このSDGsですが、私は、世界の中で日本がどうあるべきか、日本の中で秋田がどうあるべきかという一つの指標となるものと思っております。 グローバル化が進み、世界の中で、日本の中で、秋田県だけが発展していくということはあり得ません。世界に...

    (さらに…)

  • 6月議会一般質問原稿〜前置き〜

    2019.06.14

    自由民主党会派の宇佐見康人です。四月に行われました、統一地方選挙におきまして初当選をさせていただきました。当選間もない私にこのような機会を与えていただき、深く感謝を申し上げます。野球の世界では、三五歳となるとベテランの域に達する年齢ですが、政治の世界においては、まだまだ若手ですし、政治の世界こそ、私のような若手を含めた様々な年代が議論を重ね、山積する課題の解決に向けた施策を前に進めていかなければいけません。この四年間、しっかりと諸先輩たちから学ばせていただき、また、若手らしく物怖じせずにどんどん発言させていただきますので、どうぞご指導のほどよろしくお願いします。 さて、私ごとで大変恐縮ですが、...

    (さらに…)